薬剤師の職場の人間関係について

薬剤師の職場というのは、比較的狭い職場であることが多いです。その中において限られた人間関係の中で仕事を進めていくことが多くなります。そのため、一旦職場での人間関係が悪くなると、その職場ではかなり働きづらくなってしまいます。

そのため、職場での人間関係には注意を払う必要がある、そういう状況に薬剤師は多いのです。どんな職場でもそうですが、気持ちよく働くためには職場での人間関係が良好であることが大切です。職場の人間関係が悪くても働くことは出来ますが、居心地の悪い職場で長く勤めるのは苦痛になりますからね。

人間関係を良好に保つためにはいくつかの条件がありますが、最も重要なことは『自分自身の心がけ』であると言われます。人間関係でよく言われるのが、人は変えることができない、自分を変えることで人間関係は変化していく、ということです。

と言っても自分を変化させるのは簡単なことではありません。ややもすると普段通りの自分に戻っていることは珍しくないですからね。

そんな中で自分を客観的に眺めるのに役立つのがNLPという心理学のツールだと言われます。NLPを用いることで自分を少しずつ変化させていき、ついには快適な職場環境を手に入れるということも1つの方法として検討してみるとよいですよ。

少し前までは、薬剤師というのは医療関係の中でも研究者に近い存在だと言われていました。患者さんとの人間関係などの軋轢よりも薬の調剤の方が業務でメインで会ったからです。しかし最近はそうも言ってられず薬剤師にも柔軟なコミュニケーションスキルが求められています。またそうした薬剤師の方が待遇もよくなる傾向にあります。そのためにはこうした情報もよいかもしれませんね。⇒薬剤師のNLP的コミュニケーション講座


薬剤師NLP対応Migrate